無料のファックス用紙・コピー用紙ってあるの?

この記事は約 2 分45秒で読めます。

ファックス用紙が無料でもらえたら、かなりの経費削減になります。コピー用紙、いわゆる普通紙なら、無料でもらえるサービスがありました。

■ 終了してしまった「とくぺぱ」

それは、無料オフィスADペーパー「とくぺぱ」というもの。裏面に広告を載せた用紙がもらえるというサービスでしたが、残念ながら、現在では終了しています。
おそらく、広告が集まらなかったのだと思います。つまりは、広告としての効果を引き出せる広告主がいなかったのでしょう。
とくぺぱは法人向けのサービスでした。近年では、スマホの普及などの影響もあって、気軽にネット通販を楽しむ人も増えています。家庭用にとくぺぱのようなサービスを展開すれば、うまくいく可能性はあるかもしれません。
今後、類似のサービスが登場することに期待です。

■ 大学で無料コピーができる「タダコピ」

http://www.tadacopy.com/
また現在でも、ただでコピーができる「タダコピ」というサービスは継続中です。これは、用紙がもらえるわけではなく、大学に設置されているコピー機です。2014年2月現在、210箇所のキャンパスに置かれているそうです。
通常10円かかるコピー代が無料になるかわりに、裏面にカラーの広告が掲載されています。
とくぺぱと違ってこちらが継続できているのは、おそらく広告主に利益がでているからでしょう。とくぺぱとの大きな違いは、ユーザーです。タダコピの場合は、ユーザーが大学生に限定されています。そのため、大学生をターゲットにした企業が広告を出稿して、成果を出していると予想できます。就活セミナーの広告などは効果が高そうです。

■ まだある類似サービス

http://job-weekly.com/page/kapel/
愛媛県の広告代理店、株式会社週刊ジョブが、タダコピと同様のサービスを「無料コピーKapel」として行っています。
こちらは用紙自体の配布も行っていますが、愛媛県内の法人企業・店舗に限ります。愛媛大学や松山大学などに配布しているそうです。広告をモバイルと連動させることで効果を上げているとのこと。

http://www.uramenkoukoku.com/
※サイト閉鎖↓
裏面広告どっとこむでも、裏面に広告の入った印刷用紙を学校などの教育期間限定で配布しています。PTAなどでも利用可能です。
こちらは全国対応ということですが、広告主がエリアや学校を指定するようで、どのくらい広告とマッチしているかどうかで配布枚数が決まるようです。

教育機関か、愛媛県内の企業なら無料で印刷用紙が手に入るということですね。(2016年現在は、サイトが閉鎖されています。)

印刷用紙がただで欲しいのは、節約のためですよね。そこでおすすめなのは、FAXのペーパーレス化です。紙代だけでなくインク代のコストも減らせます。

用紙いらず!→パソコンでファックスをする方法はこちら